妊娠したら葉酸といわれますが、この葉酸とはどんなものでしょうか

妊娠したら葉酸といわれますが、この葉酸とはどんなものでしょうか

 

妊娠したらお勧めしたい栄養素、それが葉酸です。

 

しかし、なぜ妊娠したら葉酸なのか、どのようにして接種したらいいのか、それについて説明して行くことにしましょう。

 

葉酸とはどのような栄養素でしょうか

 

葉酸というのは、ビタミンB群の一つで、水に溶けやすい特徴があります。

 

元々はほうれん草から発見されたため、葉酸という名前がつきました。

 

この葉酸には2つの大きな特徴があります。まず新しい細胞を作り出す働きがあることです。

 

そのため受精卵を細胞分裂させて、赤ちゃんとして育てて行くためには大事な栄養素なのです。

 

また造血作用もあります。このため血液が栄養素や酸素を送り込むのに、とても役に立つのです。

 

このため、妊婦さんの貧血の予防、あるいは産後の体の回復にも効果があります。

 

また赤ちゃんの先天性障害のリスクを減らす作用もあるので、妊娠中は葉酸の摂取が奨励されるわけです。

 

葉酸が含まれる食物とは

 

それでは葉酸は、どのような食物に多く含まれているのでしょうか。

 

野菜や果物をはじめ、レバーなどにも含まれていますが、水に溶けやすいこと、それから加熱によって壊れてしまうため、摂取した食品に含まれる葉酸を、すべて体内に取り入れることは不可能であるとされています。

 

ですから生で食べる、あるいはスープやシチューなど、汁に溶け出した分も食べられるように調理するといいでしょう。

 

また食物だけでなく、葉酸サプリを併せて摂取するのが理想的といわれています。

 

葉酸サプリは厚生労働省も勧めているサプリで、吸収されやすく作られています。

 

その他には葉酸と相性のいい栄養素、たとえば魚介類やノリなどに含まれるビタミンB12と一緒に摂るといいでしょう。

 

葉酸摂取で気をつけたいこと

 

ところであまり葉酸を摂ると、逆に体によくないのではと思う人もいるかもしれません。

 

しかし水溶性ですので、過剰に摂取しても尿と一緒に排出されてしまいます。

 

ですから、そこまで心配する必要はありません。

 

ただし発熱やじんましん、呼吸障害などが出た時は、過剰摂取の症状と思われますので、病院へ行くようにしましょう。

 

またカフェインを含む飲み物、タバコ、アルコールなどは葉酸と相性が悪いですし、赤ちゃんにもよくないので避けるようにしてください。